FC2ブログ
2012-11-28

中検3級の壁

準4級、4級と順調に合格し、これなら3級も楽勝と受験すればあまりの難易度に落ち込む
というのが中検の風物詩となっております。
なぜ4級と3級の間にこれほど分厚い壁が存在するのか。
目下研究中・・・ですが、今回は各級の実用度(現地で使える度)を簡単にあらわしてみました。

級→リスニング/発話
準4級→単語をちょっとだけ知っている/正しく発音できない
4級→簡単な中国語を聞きとれない/単語だけ話せる
3級→簡単な中国語を聞きとれる/長めの中国語をゆっくり話せる
2級→正しい発音の中国語会話を聞きとれる/簡単な日常会話が成立する
準1級→ニュースを聞きとれる/30分程度のスピーチができる
1級→なんでも余裕/超余裕

これだけみると3級合格には文法と仕組みのただしい理解が重要になってくるようです。
3級リスニングは4つから選ぶ答えに似たものが多くなり、非常に混乱しやすく
そのため類似音のわずかな違いを聞きとる耳と注意力が必要になります。
中検は受検者の弱点をとことんついてくるひねくれ者なので、普段からの基礎固めが大切ですね。
スポンサーサイト



2012-11-26

信虫

語学を始める動機でわりとポピュラーなのが「映画が好きだから」「好きな俳優が」「アイドルが」
弊社事務員も大学1年のころ「たまたま見た映画が面白かったから」という理由で中国語を選びました。
さてそんな当時(ハリポタとか指輪のあのころ)、映画好きの間でひっそり流行っていた行為が、
ファンレターでした。
日本ではあまりなじみのない文化ですが、欧米ではわりと一般的な行為のようで
ファンレターを出せば俳優が自身の写真にサインを書いて「返事」をしてくれました。
香港や大陸の俳優もそうだろうかと習いたての中国語と英語を駆使して何とか頑張った結果が以下の写真。
左からチャン・ツィイーさん、トニー・レオンさん、周星馳さん
サインを本人が書いたかどうか、それはあまり重要ではありません。
ポストを開けると外国からの郵便が待っている、考えるだけで家に帰るのが楽しみになりませんか。
最近とある香港あたりの俳優に手紙を出したいと百度をつかって住所を探していたところ
ファンレターを書くファンの事を「信虫」と呼ぶのだと知りました。

zhangziyitonyleungstephenchou
2012-11-19

三毛流浪記

「連環画」とは絵本と漫画のちょうど中間に位置する媒体をさし、
中国では1900年代~70年ごろまで連環画文化が栄えました。
連環画作品のなかでとりわけ有名なのが、今回のお題「三毛流浪記」です。

頭に毛が三本しかない三毛君が、社会に翻弄されながらもお母さんを探しあちこち尋ね歩くというお話。
三毛君の目を通して当時の風俗を描いています。当時の中国を知る上で貴重な資料でもありますが、
なにより話が面白い。

連環画の特徴として台詞はほとんどありませんが、絵のみで人々を活き活きと表現し、
言葉がなくても楽しさが十分に伝わります。
また背景にさりげなく「道につばを吐くな!」「真っ裸禁止」との文字がちょいちょい出現し
オイオイ70年たっても社会は変わってないじゃないと(現代中国に)突っ込みどころ満載です。

三毛シリーズは戦時中の作品なので、日本批判がたくさんでてきます。
これは三毛に限った話ではなく、あの時代はどの作品でも日本が出てくれば
とりあえず叩くことがテンプレ化していました。
とくに「三毛従軍記」では顕著ですが、読み進めるとある事に気づきます。
作者の張楽平さんは大変絵の上手な方ですが、従軍記では画や線から躍動感が感じられず、
日本兵と中国兵の顔に区別はないし、話がびっくりするほどつまらない。
「こんなことは書きたくないんだ」と作者の荒れた心境がうかがえます。

連環画文化はすでになくなりましたが、現在は書籍として中国の一般書店で購入できます。
中国旅行に行かれた際、書店で一冊いかがですか?
2012-11-12

中国の果物

中国留学における食事について。
毎度の食事に困るということではありませんが、
一年も中国にいると同じ食事に飽きてしまうことが一番頭を悩ませるところ。
自炊は寮で禁じられている場合が多く、留学生は学校食堂か外食の二択。
留学生といえど月に使える額は決まっておりいつも贅沢は出来ません。
結果、目の前に並ぶのは野菜料理と豆腐とほぼ素食。
学校食堂に行き、個人的に驚いたのが、
「キュウリや青梗菜の油まぶしのお浸し」「トマトに砂糖」
と調味料の使い方が日本と違うこと。
中国人学生にこの調味料はないとぼやいたところ「食の原理主義者」という称号を頂きました。

さて、そんな食事では腹を満たせず、手が伸びる先は点心や果物。
特に果物屋さんは中国のどこにでもあるので、学校終わりによく街へ買いに行きました。
2008年当時、物価がじわ上げを始めていましたが、果物はまだまだお安いころ。
メロン一玉独り占め、マンゴー5玉一気食い、マニキュアフィンガーひと房ペロリで1日過ごすなどざら。
いずれも10~20元(150~300円相当)くらいで購入できたでしょうか。
現地の一食分としては高い方ですが、日本でできない贅沢を安価に享受できます。

留学時代、果物で腹を満たすという食生活のおかげか、はたまた粗食のためか、
帰国後、受けた身体検査は全て基準地内という超健康体で、1分もせず診療室から追い出されました。
2012-11-10

物販コーナー改装!

senden.jpg
みなさまが物置と思われていた場所、実は物販コーナーです。
社長命令で、物販コーナーと分かるように改装しました。
売り物の本を整理してたらノーベル文学受賞者の莫言さんの短編小説がみつかりました。
茶器を置いている棚のてっぺんから俳優写真集がみつかりました。
受付横にあった死蔵レベルのCDとカセットもこちらに移しました。
カセットテープの中にはレスリー・チャン等かなりの貴重品があるそうです。
ご興味のある方は是非、中日言語学院まで足をお運びくださいませ~
2012-11-05

水墨画アニメ

現在中国では、中国産アニメがじわじわと社会に浸透しています。
「喜羊羊与灰太狼」をはじめ、FLASHアニメ、自主制作アニメがたくさんネット上で公開中。
良い時代になったのもだと優酷で楽しんでおります。

さてそんな中国アニメのなかで最高峰とみなされるのが、
50年前に登場し、しずかに消えた水墨画アニメです。
何枚もセル画を重ね撮りし、水墨画独特の「にじみ」を
表現することに成功した、技術屋が髄を凝らした作品。
制作に時間がかかるため作品数はそれほど多くはありませんが、そのどれもが一級品。
なかでも「小さなおたまじゃくし、お母さんを探す(小蝌蚪找媽媽)」は
ディズニーもANIMEも太刀打ちできない最高傑作だと感じます。
しかし制作があまりに大変なため、また時代の影響をうけたため、
制作会社は緩やかに衰退し、やがて水墨画アニメも姿を消しました。

どの水墨画アニメもこどものための童話として制作されているので、
とても聞き取りやすい中国語でお話が進みます。
聴力向上にも、一度ご覧下さいませ。
検索ワードは「水墨動画片」です。
プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー