FC2ブログ
2012-12-17

旧HSKの思い出

旧HSKの特徴とは、①文と質問すべてが中国語で、
②大量の問題が居並び、③リスニングはそれぞれ一回ずつしか聞けない事。
解答はマークシート式。ずらりと勢ぞろいした楕円をちまちま塗りつぶす作業が続きます。
問題が沢山あるため塗りつぶした黒が連なると変わった模様になり、
模様の並びが不規則であるほど何となく安心。
塗りつぶされた模様が他の人と全く違うと気付いてしまうと
試験中は常に落ち着かない気分にさらされます。
あらゆるレベルの受験者が同一の問題に取り組むため、試験問題は多種多様。
いきなり聞いたこともない単語を放り投げるかと思えば、お花畑を連想させるやさしい問題まで。
リスニングどんな問題も一回しか聞けないので、一文一文必死の思いでくらいつきます。
いっぱいいっぱいで試験を終えると、会場を出る顔はみな満面の笑み。
回答の良し悪しにかかわらず、苦しい時間を共に過ごしたからこそできる笑顔です。
現在は試験会場減少、規模縮小しつつも旧HSKが受検できるようです。
新HSKとくらべれば難易度・面白さは旧の方が上。
旧HSK超オススメです。
スポンサーサイト



プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー