FC2ブログ
2014-01-27

中国のエスカレータ

中国のスーパー(超市)は字面通り巨大な建物で
日本で言う巨大ホームセンターぐらいの広さに
食べ物がわんさと詰め込まれています。
建物には他に服屋さんやレストランもあるため2階3階と続きます。
でかい建物なのでエスカレータもパない長さ。
手すりに手を置き、上り終わるのを待ちます。
待っているとなんだか手に違和感。
「んん?」と見る間にどんどん手が前へ持ってかれている。
驚き手を離し、ふたたび身体の真横の手すりに置き直すと
また手がもってかれている、これは・・・
足の踏み段と手すりの速度が一定じゃない。
エスカレータの仕様で、日本でも転倒防止のため
わずかに同期させないこともあるのですが
中国は防止策が機能せず、
上りでは手すりが速すぎ前のめり、
下りでは手すりが遅すぎ後ろのめり。
逆に転倒しやすくなっています。
よくよくまわりを見ると誰も手すりをつかんでない。
定期メンテで調整すればいいのですが
なんでかやらない。
その2年後ふたたび中国を訪れましたが
やっぱり手すりと踏み段が同期してない。
あきらめよう、そうしよう。
中国のエスカレータでは手すりをつかまないのが安全。
スポンサーサイト



2014-01-20

帰国時のお土産

留学生を悩ませる帰国時のお土産。
ちょうど餃子事件と肉まん事件の真っ最中なので
食べ物はおろかお茶葉のような口にするものは全てアウト。
中国の物を買っても日本製に囲まれた日本人は品質面で喜ぶだろうか。
そこで中国滞在10年超えの先輩にお尋ねしました。
「何も買うな。たいていの人は色眼鏡で中国をみているから
何を渡してもなかなか喜ばれない。“でも中国製でしょ”って。
買ってっても喜ばれないなら、買わずに土産話で盛りあげればいい。
中国で生活なんて腹の立つことおかしいことばっかりでネタの宝庫でしょう。
それでいけ。あっでも、お酒だけは素直に受け取る人が多いな。
辛党いたら、たかいけど空港で買ってけ」
だそうです。
2014-01-13

北京の歯医者

北京滞在中、大好物の「タンフールー」を食べていると
飴の部分に歯の詰め物を引っぺがされました。
「あらあらまあまあ」と留学前にチェックしていた中日友好病院にお電話。
中日友好病院は名前からも分かる通り、日本人もスタッフとして働いている病院。
中国語が分からなくても「もしもし」といえば日本人スタッフに替わってくれる素敵システム。
早速予約を取り付けて、翌日レッスン後にタクシーで病院へ。
歯磨きは病院の待ち時間に済ませようと歯ブラシを持っていく。
病院へ到着後、歯科部門へ行き、受付で説明をすると「大夫」のところへ。
診察台へ乗せられ、日本語のできる大夫に事情説明。
「じゃあ1回で済ませますね」いきなり治療を始めようとしたので
ビックリしてまだ歯を磨いていないことをたどたどしい中国語で説明。
「ああ、大丈夫大丈夫。いりませんよ。じゃあ始めますね(ニコニコ」
「・・・あ、はい。お願いします。」←驚きすぎて真顔
キュイーンと例の音を響かせ30分。
綺麗になった歯をなめつつ690元(約10000円強、初期登録費+治療費)支払いました。
オクサマゴゾンジ?歯の治療は保険適用外ですってよ。
留学用保険は今後最低限のものだけにすると誓いながら学校へ戻りました。
2014-01-06

中国のお薬

中国には「国家薬品監督管理局」という
ようするに国内に流通するお薬の研究管理生産販売を
一手に引き受ける部門があります。
注目すべきは「研究」「生産」のところ。
ここでは超早く治る謎の絆創膏を開発してたり、
すんごい良く効く風邪薬を限定的に発売していたりします。
なぜ効くのか何が患部に効くのか、国家機密なので内緒。
そういった薬品はドラッグストアに行って買えるわけではなく
病院で処方箋もしくは専門分野に属する人のみ手にできるようで
ごくたまに手に入った日本人の話によると、
「理解できないけれどとにかくすごい」だそうです。
プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー