FC2ブログ
2014-06-30

故郷料理を海外で

蘇州は上海の隣ということもあり外国人が多く住む街です。
以前は外国人が満足できる質のいい食材は配給式で毎週トラックを待ってたと聞きますが
2010年頃には日本人スーパーや百貨店、そして上海にひけを取らないおしゃれな
レストランがあちこちにできていました。

ある日学校近くにあるイタリアレストランに行こうという話になり
クラスメートと一緒に出掛けて行きました。
予算は一人80元(約1200円)と蘇州にしてはお高めの値段設定。
クラスメートの一人は以前欧州の友人と来たことがあるということですが
「シェフが上海博のレストランにいっちゃって、もう美味しくない」と聞きました。
ランチはセット2種類から、前菜・メイン・デザートがそれぞれ選べるとのことでした。
前菜ハムの盛り合わせ(日本ならこれだけで1200円超えそうな量と質)
メインはペペロンチーノ(辛めだけどすごくおいしい)
食べ放題のパン(それぞれ小さめにカットされ種類がたくさんあって味も触感も楽しめる)
デザートはジェラート(料理に合わせて食べやすい)
食後のコーヒーと大満足で、日本でもこの質をこの値段で出せるところはなかなかないんじゃないかと。
なぜこれで美味しくないというのか全く理解できませんでした。

またある日、日本人同士でお好み焼き行こうぜ!となり日本料理店へ。
中国ではめったに食べられないので皆さんテンション高め。
各テーブルには鉄板があり本格的。そこで作ることもできますが
今回はお店の方にキッチンで調理したものを持ってきてもらいました。
一口食べるとソースと青のりの味が懐かしい。美味しいとみんなに好評。しかし
大阪のお好み焼はもっと外サクッと中ふわっと生地には空気を含み
見た目からは想像できない軽さでいくらでも食べられる焼き上がりで
豚肉もキチンと広げて包み込むようにそしてカリッと油で揚げるように
とぐるぐる考えるなか、「美味しくない」という欧州人の気持ちが理解できたような気がしました。
海外にいると、知らずのうちに感じるストレスとホームシックで
いま手に入らないものがものすごくよく思える。
脳内補正ってすごい。
大阪に戻ってお好み焼きを食べながらより強く思いました。
スポンサーサイト



2014-06-23

たまごっち

2008年に中国滞在中、ふと街にいる子どもの手元を見ると
丸い小さな携帯ゲームをいじっていました。
近づいてみてみるとまぎれもなくたまごっち。
バンダイの不良在庫がいまごろ中国市場に流れたかと
いぶかしみましたがよくみると中国版。
日本で流行ったのは私が小学生のころ。学校で禁止令が出てたので
家に帰ったらたいてい死んでて「oh」となったのはいい思い出。
その後、版を重ねいろんなたまごっちが出たと聞きます。
中毒性も高く、中国の子供たちも夢中になってるんだなあ
昔の自分を見ているみたいで微笑ましく思いました。
2014-06-16

2学期目のクラスメート

語学留学だと学期ごとにクラスメートが変わり悲喜こもごもですが
大学院に入ると全く同じ顔ぶれで二年過ごすことになります。
そのため、夏休み冬休みの長期休暇明けの教室は
ちょっとした故郷のお土産交換会場となります。

日本のお土産はお菓子と日本製文房具。
ラオスだとやたら長い竹製しおり(30cm物差しとも言う)や
動物が編み込まれたかわいい布製ペンケースと肌触りのいいスカーフ。
ベトナムは竹傘。表面に水除脂が塗り込まれているので触るとペッタペッタします。
あと旅行で中東アジア行ってきたという子はからはチョコ。
韓国人からは買ってきた食材で後日料理をふるまってもらいました。
異国のクラスメートとは良いものだ(モグモグ)
2014-06-09

幼稚園訪問

北京に留学中、遠足の一環で北京にある幼稚園へ訪れました。
1階建ての園舎に、子供が駆け回るに十分の園庭には砂場と小さい遊具。
なんか懐かしいなという思いとともに子供たちがいる園舎の中へはいりました。

外国人(でかい)が一挙に押し寄せたため子どもはやや興奮気味。
先生たちが子どもをなだめながら、普段のレッスンを開始しました。
いまはお歌の時間らしく、CDをかけてリズムを繰り返しながら、座ったり立ったり走ったり。
と思うと先生が子どもを園庭へ連れ出し我々もそのあとを追いかけました。
いつの間にか、庭には子どもがいっぱいいてラジオ体操が始まりました。
背伸びの運動から始まり、「お、日本っぽい」とちょっと感動していると
徐々に動きが太極拳へシフトチェンジ。
前、後、右、左と、なるほど小さいころから太極拳の基礎を身につけているのだなと納得。
体操が終わると自由時間。
子どもと外国人が接触することを目的としているらしいのでこちらも話しかけてみました。
「にーはお」と下手な発音で話しかけても「にぃはお」と自然に返してくれて
「你叫什么名字?(お名前なあに)」「你的名字真可爱(かわいい名前ね)」と続けると
えへへと照れながら笑い返してくれました。
外国語を話してスムーズに返事が返ってくるのは嬉しい。
大人じゃこうはいかず、こちらの変な発音を「ん?」と受け止め
「○○ってこと?」と聞き返されて会話が始まるのでギクシャクしますが
不思議なことに子供にはそれがない。
まだ頭の中に固定概念が存在していないためかと考えていると
残念なことに訪問の時間は終わってしまいました。
帰り際子どもにバイバイすると
ばいばいと小さなおててを振り返してくれました。
2014-06-02

留学の申込み

留学するときは、大学推薦にせよ自己推薦にせよ
まず申込書に記入して提出する必要があります。
その内容を記入していくうちに
自分は外国に行くんだなと自覚させられます。

「国籍」わかる
「住所」わかる
「名前」当然
「留学種類」語学だよね
「学歴」大学生
「民族」国籍と違うの・・・なるほど、中国だなあ
「宗教」ん?!これを訊くのか
「病歴」えーなにこれ

後々判明したことですが、宗教は寮分けの時に必要だそうです。
病歴はいまだ不明ですが、日本の病院で留学に必要な健康診断したとき
問診内容をみたお医者様より「いやー中国って、日本じゃもう見ない病気に敏感みたいですね、
こんな病気の名前久しぶりに見ましたよ、まあ大きい国だからね、変な病気もおおいのかなあ」
この言葉に内心ガクブルで一時帰国では必ず病院で検査していました。結果は医者に追い出されました。
プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー