FC2ブログ
2015-10-26

うどんスープの歌

寒くなるとお鍋が食べたくなります。若いころはそんなでもなかったですけど、
最近は寒さが身に染みるというか、スープのあったかさがうれしい今日この頃。
スーパーの棚にたくさんお鍋スープが並べられてるので次はどれにしようか
毎回悩みます。個人的にお気に入りなのはモランボンの白菜か、ミツカンの豆乳。
これははずせない。

そういえば留学したころ、毎晩寒さに震えながら頭にある歌が流れていました。
「きつね、たぬき、てんぷら、つきみ、おにく、ヒガシマル。 うどんうどん、うどんスープ」
あの動物どもが頭の中でぐるぐる踊りながら歌ってくるわけです。完全な洗脳ですわ。
中国への長期留学は、基本的に真冬スタートになります。
テレビで流れてるあのうどんスープの歌を聞きながら荷造りするわけです。
で、中国に来たら、まわりはずっと中国語だけで、頭をフル回転させて日々過ごしていくわけです。
すると寒い中、夜、寝ていると、日本のことが思い出されてくるわけです。
そのしょっぱながヒガシマルのうどんスープ。
別にものすごく好きってわけでもないのに、無性に食べたくなり、
一時帰国のときは、家にあるヒガシマルうどんスープでうどん作るわけです。
で、中国に戻る時も当然のように持っていくんだけど
向こうにはうどん麺がないから持て余し、
最終的には「だしご飯」と自分をごまかし
米と一緒に炊くわけです。
うどんスープの歌はとても罪深いです。
スポンサーサイト



2015-10-19

外国語の看板

ある日、日本人のクラスメイトと日本食を食べに行きました。
お店は外国人が集まる区域にあったので、中国語のほか、
日本語や、ハングルが看板にかかれていました。
和食を食べ終わって、その区域を歩いているとクラスメイトが
「あそこにハングル書いてるでしょ、あれって犬鍋って意味なんだって」
「あ~、韓国の食文化にありましたね、日本も新大久保とか鶴橋でやってるとか聞きます」
「中国語で書いたら規制されるからって韓国人が言ってたよ」
「へ~」
「今度、食べに行かない?」
「いいですね~」←食に抵抗が少ないタイプ
結局食べに行ったことはないのですが、
このように中国で書けば規制されることも
外国語で書けばええやん精神でやってるお店は多く、
日本人街のある新区にはノーパンしゃぶしゃぶとかペンキで書かれてたりします。
北京ではさすがに見かけませんでした。
2015-10-12

原材料

中国にいると日本とは違った文化に驚くことがありました。
ある日、中国のニュースで「鳳姐が生卵をぶつけられた」とありました。
鳳姐(ふぉんじえ)というのは当時メディアで悪目立ちしてた女性で
今でいう炎上芸人みたいな方です。
その女性がイベントで一般人に生卵をぶつけられたという話。
そこで疑問。
「なぜ生卵なの?」
「日本のバラエティでケーキぶつけるじゃん」
「うん」
「中国じゃ高いから原材料で」
「ほう」

またある日、蘇州大学の近くにある和食屋さん(中国人経営)で定食を頼むと
デザートにさとうきびがつけられていました。
ご飯を食べ終わって口直しに、さとうきびをしゃくっと。
むしゃむしゃ。しゃくしゃく。
うん、これも原材料ですわね。
2015-10-05

月餅

中秋が近づくと中国のスーパーは月餅で埋め尽くされます。
どのくらいの規模かというと、
普段スーパーの入口ってチラシの特売だったり目玉商品を置きますが
当然のことながらその一角はすべて月餅。
そちらを無視して先へ進むと、包装食品(乾麺とかクッキーとか粉末茶とか)でも
月餅が箱単位で山積み。
もうちょっと奥に行って漢方薬やはちみつなどがおいてる高級品コーナーは
贈答用のお高い月餅。
パン売り場はばら売りの1個1元で買える安月餅。
箱売りは床から商品棚を超える高さまで積み上げられ、
ばら売りは大きなサークルにざらざら流し入れたかのように詰め込まれ
これ絶対下の方潰れてぺちゃんこだよね、
上にあるバラ売り月餅もすでに包装取れかかってるし、誰が買うんだろうか。
食べるというより、売られているのを見ることで季節を感じるモノでしょうか。
月餅の存在が形骸化しているようで、もうレプリカ飾っとけばいいんじゃないかと。
ちなみに会社で利用するガチ高級月餅は通販が主流だそうです。
プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー