FC2ブログ
2011-11-24

路傍秋晴、麗子です。

 1929年11月岸田劉生が、初めての海外旅行で描いた作品が、路傍秋晴です。
同じ年、大連星ヶ浦風景も手掛けています。
生誕120年記念として大阪市美術館で、昨日まで岸田劉生展が開かれていました
昨天我去看了。非常精采的美术展。

愛娘の麗子さんを描いた作品、自画像も30点ほどありました。
印象に残ったのは、やはり麗子像、同じく重要文化財の
道路と土手と塀です。それに私は雑誌白樺をとうして知り合った
武者小路実篤像です。まるで彼の内面まで写しだそうとしていて、
深い信頼関係を感じました。
38年の長くはない劉生の人生の中で、画家として若く認められ、
尚も追求して描き続けた作品は、今も高い評価を受けています。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

大阪市美術館では、来年1月7日~2月5日まで
中国工芸5000年の中から金属器、陶磁器を通じて、
中国工芸の多様な表現を楽しめるようです。
他に中国拓本や尾形光琳の光琳蒔絵印籠も展示されます。
興味のある方は、お出かけ下さいね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー