FC2ブログ
2012-10-29

三上

数年前「思考の整理学」という本が世間をにぎわしました。
頭の中のごっちゃりした考えをどのようにまとめ、次につなげるか。
筆者の経験をもとに分かりやすく書かれています。
さて、この本の中に「三上」という言葉が出てきます。

三上とは「枕上」「馬上」「厠上」を指し
いいアイディアはいつもリラックスできる場所から生まれるというのです。
欧陽州曰く「特にこの三か所がイイ感じ(ローラ風)」と。

「枕の上」「馬の上」はすんなり理解できますが、最後の「厠上」がすこしひっかかります。
現代に置き換えると「トイレの中」ですが、なぜ「中」や「入る」を意味する言葉ではなく
「上」をつけるのでしょうか。

ついでに現代中国語もみてみましょう。
トイレに行くは「上厠所」、大学に行くも「上大学」と動詞に「上」を使用します。
代わって厨房に行くは「下厨房」と「下」を使用し、上厨房とはいいません。
「上」と「下」はなにやら中国人の習慣と意識を深く表現しているような気がしないでもありません。
位置関係とも少し違うようだし、一体どういうことなのでしょうか…


謎多き、「トイレ」と「上」の関係。
さて「厠上」に戻ってみましょう。現在ではだいぶ少なくなりましたが、
北京でも繁華街を少しそれると、狭い個室ではなく「開放的」な公衆トイレがあります。
もしかすれば三上といわれた古代中国において、日本人が想像するような個室は一般的ではなく、
広い空間で洋式のような便器を、天上人は利用していたのではないでしょうか。
しかし動詞の問題はなぞのまま。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー