FC2ブログ
2012-11-12

中国の果物

中国留学における食事について。
毎度の食事に困るということではありませんが、
一年も中国にいると同じ食事に飽きてしまうことが一番頭を悩ませるところ。
自炊は寮で禁じられている場合が多く、留学生は学校食堂か外食の二択。
留学生といえど月に使える額は決まっておりいつも贅沢は出来ません。
結果、目の前に並ぶのは野菜料理と豆腐とほぼ素食。
学校食堂に行き、個人的に驚いたのが、
「キュウリや青梗菜の油まぶしのお浸し」「トマトに砂糖」
と調味料の使い方が日本と違うこと。
中国人学生にこの調味料はないとぼやいたところ「食の原理主義者」という称号を頂きました。

さて、そんな食事では腹を満たせず、手が伸びる先は点心や果物。
特に果物屋さんは中国のどこにでもあるので、学校終わりによく街へ買いに行きました。
2008年当時、物価がじわ上げを始めていましたが、果物はまだまだお安いころ。
メロン一玉独り占め、マンゴー5玉一気食い、マニキュアフィンガーひと房ペロリで1日過ごすなどざら。
いずれも10~20元(150~300円相当)くらいで購入できたでしょうか。
現地の一食分としては高い方ですが、日本でできない贅沢を安価に享受できます。

留学時代、果物で腹を満たすという食生活のおかげか、はたまた粗食のためか、
帰国後、受けた身体検査は全て基準地内という超健康体で、1分もせず診療室から追い出されました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー