FC2ブログ
2013-07-01

日本のアニメ

日本のアニメが世界で受け入れられているという情報は
わりと日本のニュースで耳にしますが、
実際に外国で遭遇すると想像以上にびっくりします。

①街中をふらふら歩いているとどこからともなく、ドラえもんの
 あの曲(旧ドラえもんで各話のタイトルに流される気の抜けそうな音)
 が聞えて来たと思ったら女の子の携帯の着信メロディ。

②中関村あたりでは最終回放映翌日に「コードギアス」の
 紙袋を持った若者があちこちに出没。

③「あなたは日本人だからこれ見たことあるでしょ、
 日本語のタイトル教えて」と描かれた絵がセーラームーン。

④ある時北京でオサレな喫茶店に入ると「魔女の宅急便」が
 日本語音声英語字幕で放映。
 *通常中国で流される外国産アニメはどんなものでもいつも同じ声優が声当て
  原音で流されると外国語が流れてる→普段と違う!新鮮!素敵!と洗練された印象を受ける

⑤とある喫茶店で「フランダースの犬」最終回二話前が日本語音声中国語字幕で放映。
 *店員は中国人でなに言ってるかわからないだろうけどこちらは日本人!超わかる!
 ネロがあまりに不憫で食べてたカレーの味がしませんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー