FC2ブログ
2013-09-23

話すための最初の2文字

どうしたら流暢に話せるんだろう
留学中、ずっとそればかり考え暮らしていた時期があります。
本にかじりついていてもどうやら話せそうにない、
好きなご飯もろくに注文できない(重要ポイント)、
流暢に話すためにはとにかく話すしかない、
でも難しい、
話すための「とっかかり」って何だろう。

現地の方の話している様子を伺うと、あることに気付きます。
早口でしゃべる部分と、ややゆっくりにしゃべる部分。
早口の言葉は、われわれ外国人にはさっぱり理解できません、ですが現地人同士では通用している様子。
早口の部分はみんなが使いなれている言葉だからはっきり発音しなくても通じるのではないか。
だったらまずここから始めれば、すこしは言葉を理解できるのではないか、
と取りかかった部分が最初の2文字。
「我要这个(私はこれが欲しい)」を言いたければ、まず「我要(わたし、ほしい)」を早口で言う。
「那么我走了(じゃあ行くね)」であれば「那么(じゃあ)」を早口。
これら早口で言われる最初の2文字は必ず使いなれた言葉に限ります。
そして早口で言う場合、言葉としての意味より、
「わたしはこれから話を始めますよ」的呼びかけに近づいています。
早口で言われる部分は大して重要な意味はありません。
ただしいきなり「这个」「我走了」といわれるよりずっと聞きやすくなるのは確かだし
言葉を発した人間も自分がこれから言う言葉の意味を理解しやすくなります。
(何か欲しい!)というときはまず「我要」(発音は‘うぉーやお’ではなく、‘をやぉ’ぐらいの勢い)
(何かしたい)ときはまず「我想」(発音は‘をしゃン’)
まず2文字から始めると不思議と気分も軽く話しだせます。おすすめです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー