FC2ブログ
2015-03-30

生姜飴

蘇州大学では修学旅行で観光地をあちこち回りました。
少林寺、黄河、兵馬俑などなど色々連れていかれましたが
ぼんやり後をついているだけなので、「広い」「暑い」が精いっぱいの感想。

さて次に連れていかれた河南省洛陽の龍門石窟で広い敷地内をがっつり歩き
出口付近でみんなを待つ時間を利用してぶらぶらお店を冷かしていると
「手工姜糖」というお店がありました。
なぜそこに目を引かれたのかというと
店先でいかついお兄さんができたての大きな飴のかたまりを
フックにかけてぐるぐる伸ばして畳んで伸ばしていたからです。

出来立てなのでまだ柔らかく、伸ばすほど生地に筋が生まれていきます。
伸ばした生地を一度たたむことによって生地の中に空気を練りこんでいるようです。
お兄さんは一心にぐるぐるしていて、無駄な動きがありません。
いつまでも見れそう、と思っているとお兄さん生地をまとめて中へ持っていってしまいました。
見るものがなくなったので、その場を去り、バスに乗り込みました。

しばらくするとみんなお土産を買っていたようで、
「はいどうぞ」とクラスメイトより渡されたのが先ほどの「手工姜糖」
(さっきのお兄さんのだ)と思いながら口に放り込むと、
生姜のピリッとした味が舌を刺激したかと思うと、
ジュワッと飴が溶けてしまいました。
後には飴のやさしい甘さがふわっと口に残るのみ。
堅そうな飴に見えたのに、空気を練りこみまくった為に
これまでに味わったことのない食感でした。
これは買わないと!と思ったときには時すでに遅く、バスはすでに駐車場を出てしまいました。
その後蘇州に戻って一生懸命「姜飴」を探すのですが、
生姜味の飴はあるものの、あの触感の飴はいくら探してもどこにもありません。
洛陽限定品なのかと諦めそのまま日本に帰ってきました。

さて先日、別件で台湾の観光を調べていたら「糖葱」という単語を発見。
写真を見ると形は異なるけど「姜糖」と同じつくり。
歴史を調べると日本統治時代に伝わった(?)らしい。
つまり日本にもあるのかもと思って調べると
出るわ出るわ。いろんなお店で売っているので
手ごろなお店の通販で注文し、届いたので食べるとまさにあの食感。幸せ。
これは家族に食べさせようと、薦めると食べたうえで「ふーん」といわれました。
思い出の味って人には理解されにくいのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー