FC2ブログ
2015-06-29

台湾ごはん②

③老牌張豬腳飯
こちらは煮豚メインのお店。検索すると屋台のような佇まいですが、
行ってみると立派で綺麗な店舗でした。ちょうど平日のお昼時だったので
リーマンが大量に並んでいましたが10分ほどで注文できました。
店員はイカついおっちゃんと強面系お兄ちゃんですが、注文する段になると
二カーッと笑って「そっちのお姉さん、なんにする?」と親しみやすい感じ。
腿と煮卵とごはんを内用(イートイン)で頼んでお金払って隣の入口から店内へ。
長細い店内は中央に長卓、左右の壁に沿って2人掛けの机が並んでいます。
昼時なので人でいっぱい。ちょうど空いた奥の2人席に座っていただきます。
よく煮込まれた豚肉はトロットロでお箸で崩れる。なのに脂っぽくない。
味も意外と薄味だからパクパク食べられます。気づいたらもうお肉ない。
ちらっと周りを見ると、複数人で来てお肉を机にたくさん並べているグループが多いようでした。
普段使いはしないけれどちょっと贅沢したい時に来るのお店でしょうか。
機会があればまた食べに来たい美味しさでした。

④阜杭豆漿
台湾特集ではたいてい見かけるお店。
大陸にいたころは普通に食べていたものがお店のメインなので
個人的にはレア度が低め。行くかどうか直前まで迷いましたが
なんか起きたら朝4時半だった→
阜杭豆漿はホテルから歩いて5分強→
じゃあ行くか!ということで食べてきました。
開店(朝5時半)直後は空いてるとのことでしたが、
入口でもう並んでる。mjd。
10分ほど待ってようやく注文。塩豆乳と卵餅を買って
道路に面している窓際席に座りました。
塩豆乳はおぼろ豆腐みたいにホロホロと
スプーンで持ち上げると崩れていきます。
塩豆乳についてくる油条(揚げパン)をスープにひたしながら一緒に食べ進めると
桜エビが豆腐の下からあらわれ良い香り。
卵餅は薄焼き卵をクレープで包んだもの。
もっちりツルツル。学校の食堂で朝よく食べた食感。
たいてい出来立て熱々で、舌をやけどして授業にのぞむっていう。
しかもあんまり味しないんだよねコレ。懐かしい。
全体的にものすごく美味しいというわけではないですが
中国の朝食を体験したくて早起き(朝5時)できるならおすすめ。

3泊4日でしっかりとった食事は以上4店。計画中もさすがに少ないかなと思いました。
ただこんなに少なくしたのには理由があります。
旅行中に陥りやすい失敗の一つが「食べすぎ」。
旅行では、珍しいしめったに来ないからとあれもこれもと食べてしまい、
前のご飯がお腹に残っているのに次の店へ、という苦行は避けたいという思いがありました。
阜杭豆漿に並んでいるときも、前の男性が「昨晩の小籠包がまだ残ってるのに
朝6時前からのご飯は辛いよ」とお連れ様に呈しておりました。
お腹すかして食べるご飯はなによりのご馳走です。
しっかりしたご飯以外はベーグルとか胡椒餅とかカキ氷とか豆花とかの点心や
お土産選びの試食で楽しんできました。
自分ではたくさん食べたつもりでいましたが
やり過ぎたようで旅行前より1kg減っていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホープ外国語学院

Author:ホープ外国語学院
大阪の中国語・韓国語教室、ホープ外国語学院スタッフBLOGです。
みなさんに、学院からの生情報をたくさんお届けいたします!

ホープ外国語学院
所在地:
〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル7F(京橋駅から徒歩1分)
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー